「BONES」旬1 第14コメントを見て

  • 投稿者 : wp_sv_536_5688
  • 2016年11月21日 7:42 AM

米国ドラマ「BONES 骨は語る」時分1の第14申し立てを見ました。

こういう回はめずらしくブースは抜きで、ブレナンというザックの2人で災禍会場に向かう場合からの開店でした。

後々、災禍ではなく事例性がある骨が発見されたことから、ブレナンはブースをラボに呼び出します。

この時ブースが「本当は自分に会いたかったんだろ?」というブレナンに言ったのには少々驚いてしまいました。

ブースが小気味よい流れでこんなふれこみを言うのも意外でしたが、いつの間にやらカップルはけっこう仲良くなっていたんですね。

ブースの含み笑いが無性にステキなので、にっこりが立ち寄りませんでした。

他にも、運転中のブースのほっぺたをブレナンがつねって2人で微笑み見合う場合など、少しずつ道程が縮んでいるのがうかがえてうれしくなる。

そうして、初登場した迷子人間分析のプロであるジェシーですが、ブレナンにまったく惹かれている様子だったので、どうしてなることやらとビクビクしました。

お互いに父兄が失踪して要る人間友達から、分かり合える点も多かったのではと思います。

最終的に、両親の失踪についての探究ファイルはブースに託すことにしたブレナン。

行く先なんらかの育成が見られることを欲望目指すだ。ルナメアACトライアルを楽天で買いたい!?

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

No comments yet.

Sorry, the comment form is closed at this time.